海岸通り皮ふ科のイチオシ

院長の部屋

院外活動報告

フォトギャラリー

院長関連記事&医院掲載記事

あの日のワンショット

皆様の声

スタッフ募集

皮膚科Q&A

健康サポート

海岸通り皮ふ科

〒443-0013
蒲郡市大塚町山ノ沢7-5
電話:0533-58-0121
Fax:0533-59-6121

診療科

皮ふ科・形成外科・アレルギー科

診療時間

午前 9:00〜12:00
午後 3:30〜6:30
※土曜日は午前9:00〜午後1:00

休診日

水曜・日曜・祝日・土曜午後

 

詳しい地図を見る

 

トピックス

寒さを乗り切ろう

寒い日が続いています。皆様におかれましてはお変わりありませんでしょうか。当院近辺の小中学校ではインフルエンザが流行し学級閉鎖のお知らせが次々とFAXで送られきます。ちょっとした油断から体調は崩れるものです。十分な休養・睡眠、栄養、保温(寒さ対策)で体調管理しましょう。

私自身としては、首と足先の十分な保温、睡眠時間の確保、鍋物を中心とした温野菜の十分な摂取、習慣として食べ続けているR1ヨーグルト、そしてその日の体調によって漢方薬を飲み分けながら健康を保っています。私のささやかな自慢は医師になって28年間、病気で仕事の穴をあけたことが1回も無いこと。「医者の不養生」と言われないように、この記録を伸ばしたいと思います。

この季節、皮膚科患者さんの特徴は「乾燥」「冷え」を原因とした皮膚炎や凍瘡(しもやけ)、そして湯たんぽによる低温ヤケドやストーブなどを触ってヤケドをしてしまう患者さんなどなど。冬ならではの症状で受診される患者さんも多くいらっしゃいます。症状が悪くなる前にお早目の受診をお勧めいたします。どうぞお気軽にご来院下さい。

 

保湿剤の適正使用についてのお願い

保湿剤「ヒ○ド○ド」が雑誌やインターネットで「美容クリームとして良い」と紹介されてきたため、化粧品を購入する感覚で医療機関で処方を希望される方がいらっしゃいます。医療保険を用いての美容目的での処方は公的医療保険制度の目的に反しており、本件における治療外支出は年間93億円にのぼると算出されています。今後本件に関して、中央社会保険医療協議会が処方量の制限や、美容目的使用に対して厳しいチェックを行うことの議論を始めました。この流れが進むと最悪の場合、治療目的であっても欧米の多くの国のように保湿剤は薬局で個々に自費で買っていただく事態をまねくかもしれません。
また子供医療を始め、支払金の無い患者さんにおいて、保湿剤を最大量処方希望され、ご自宅でご家族が使用するといった事例も日々の診療で伝わってまいります。保湿剤といえども、公的保険制度においては受診された患者さんのみの使用となっており、無料だからということで大量処方希望されて家族で使うことは違法です。またそのことが医療費圧迫そして公的医療保険破綻へのきっかけとなりかねません。皆様がご負担されている大切な医療費を適切に使い、世界トップレベルの本国の医療保険制度が今後も維持できますよう、何卒皆様のご協力をお願い申し上げます。
なお様々な情報を得られて高薬価の「ヒ○ド○ドを下さい」と指定される方がいらっしゃいますが、患者さんの症状に合った適切な保湿剤を処方いたしますので、院長にお任せていただきたいと存じまます。
以上、保湿剤に関した皆様へのお願いでした。何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

診療案内

  日・祝
午前 9:00〜12:00 × ※○ ×
午後 3:30〜6:30 × × ×
  • 土曜は午前9:00から午後1:00まで診療
診療科: 皮ふ科・形成外科・アレルギー科
診療時間: 午前9:00〜12:00 午後3:30〜6:30
休診日: 水曜・日曜・祝日・土曜午後