海岸通り皮ふ科のイチオシ

院長の部屋

院外活動報告

フォトギャラリー

院長関連記事&医院掲載記事

あの日のワンショット

皆様の声

スタッフ募集

皮膚科Q&A

健康サポート

海岸通り皮ふ科

〒443-0013
蒲郡市大塚町山ノ沢7-5
電話:0533-58-0121
Fax:0533-59-6121

診療科

皮ふ科・形成外科・アレルギー科

診療時間

午前 9:00〜12:00
午後 3:30〜6:30
※土曜日は午前9:00〜午後1:00

休診日

水曜・日曜・祝日・土曜午後

 

詳しい地図を見る

 

院長の部屋

院長の部屋(24)「真夏のつぶやき」

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。お子さんのアセモとトビヒが ブレークし、水虫が大暴れする盛夏の今、皮膚科医にとって一番忙しい季節となりました。涼しくなるまで、待合室は喧騒に包まれ皆様にはしばらくご迷惑をおかけいた しますが、しばらくご容赦のほどお願いいたします。

さて、夏になるとどこかへフラッと旅に出かけたくなる私ですが、所帯を持ち開業した現在、一人で放浪の旅に出かけることもできなくなり、かつて自由のきいた頃の、 暑い夏の熱い自分を懐かしむこと、ひとしきり。つい先日、私の旅グッズの整理をしていると、学生時代に残しておいた雑誌の切り抜きがでてきました。

あなたは文明に麻痺していませんか。

車と足はどっちが大事ですか。

石油と水はどっちが大事ですか。

知識と智恵はどっちが大事ですか。

理屈と行動はどっちが大事ですか。

批評と創造はどっちが大事ですか。

あなたは感動を忘れていませんか。

あなたは結局何のかのと云いながら、わが世の春を謳歌していませんか。

塾を開こうと考えたとき、こんな文句を手帳に書きつけた。

都会の人間は果してどう思うか。

飛びついてきてくれた若者たちがいた。

昭和59年4月6日   富良野塾開塾    倉本聰

ドラマ「北の国から」で有名な脚本家、倉本聰のつづったほんのわずかな文章。学生時代、バイクで駆け巡った北海道の大地を思い起こしながら20数年前の雑誌の切り 抜きのこの文章に再び心打たれる今の自分がいる。そしてそこには「文明に麻痺してないか。感動を忘れていないか。」と問われ答えに窮する自分がいる。原油高騰、物価上昇、食料不足などの言葉を毎日のように見聞きする昨今、20数年前のこの問いかけに対する答えを、生きる原点に立ち返って考えたいと思います。

まだまだ暑い日が続くと思いますが何はともあれ健康第一です。そのためには食べて、寝るが基本です。休みの日には厨房に入り料理をすることしばしば。ニンニクと 生姜のみじん切りを炒めることから始まって大量の玉ねぎをベースに作るインド仕込 みのカレーは私の得意料理のひとつ。食欲が増すのでついついカレーを作ってしまいますが、野菜もたっぷり入れて、元気の素のニンニクと生姜も少々多めに入れれば夏バテにはもってこいかなーと思い、今日もカレーを作っちゃいました。そうそうイン ド流に最後にヨーグルトを入れるとまろやかになりますよ。

平成20年8月3日 院 長

 

「院長の部屋」目次を見る