海岸通り皮ふ科のイチオシ

院長の部屋

院外活動報告

フォトギャラリー

院長関連記事&医院掲載記事

あの日のワンショット

皆様の声

スタッフ募集

皮膚科Q&A

健康サポート

海岸通り皮ふ科

〒443-0013
蒲郡市大塚町山ノ沢7-5
電話:0533-58-0121
Fax:0533-59-6121

診療科

皮ふ科・形成外科・アレルギー科

診療時間

午前 9:00〜12:00
午後 3:30〜6:30
※土曜日は午前9:00〜午後1:00

休診日

水曜・日曜・祝日・土曜午後

 

詳しい地図を見る

 

院長の部屋

院長の部屋(55) 「追悼セミナー」

新緑の候、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。余震が続き原発問題で不安の中でお過ごしの東北・関東の皆様には心からお見舞い申し上げます。例年この時期は、乾燥が続き、紫外線は強くなり、そして花粉もまだまだ飛散していて、また気候の変化にともない自律神経も不安定になりやすく、様々なお肌のトラブルが起きやすい季節です。女性に多い目の周りから始まる湿疹やアトピー性皮膚炎の急性悪化などがとても多くなる時期です。どうぞ皆さん、お早めの対処で健やかなお肌をお保ちください。

3月下旬に名古屋で開催された1泊2日の医療セミナーに参加してきました。「第4回統合医療セミナー in 名古屋」です。このセミナーは刈谷にある広瀬クリニックの広瀬滋之先生が個人的に開催されているアットホームな会でありながらも、一流の先生方が講師として招かれる素晴らしいセミナーで、昨年の3月に開催される予定だったのですが、広瀬先生の体調不良により直前になって中止され、一年遅れで開催されたものです。

しかし、今回の会に広瀬滋之先生はいらっしゃいませんでした。昨年7月に広瀬先生は67歳で逝去されたからです。そして広瀬クリニックの跡を継がれた娘さんの木許泉先生をはじめとした関係スタッフの方々のご尽力で広瀬先生の意志を継いで、昨年行われるはずだった同じプログラムと講師陣で1年遅れの開催となったのです。

(1)「21世紀の健康と美と癒しの新しい学問 整膚 − 21世紀はツボも『引っ張る時 代』です。」 

(2)「システムとしての生体:統合した心身を目指す医学」

(3)「手足多汗症からみえる自律神経緊張による諸症状」

(4)「漢方免疫療法による癌・肉腫の治療」

(5)「凍結乾燥ミミズ含有食品 その処方とすばらしさ」

(6)「科学的視点からみた漢方医学 <pseudoscienceからscienceへ>」

以上のプログラムで、それぞれ一流の講師が講義をされました。

皮膚科医の私にとって明日からすぐに役立つ内容だったかというと、そうでもなさそうなのですが、長い目でみると様々なところで患者さんのためになっているのです。というのも私は現在地元の医師会で学術講演担当の係をしており、専門外の内容の医学講演会を開催する立場にあって皮膚科以外の講演を聴く機会が毎月あるのですが、ここ数年で得てきた他科の知識が自分の診療の中で、知っていて良かったと思える機会が多くあるのです。患者さんが私に相談しやすいのか、皮膚科以外の相談をされてゆかれることが時々あるのですが、そんな時にも患者さんのために役立っています。

このセミナーは現代西洋医学を補う様々な医療・医学を学ぶ勉強会で、広瀬先生の想いが伝わってくる思い出に残る勉強会となりました。1日目の夜の懇親会の前に、「広瀬滋之先生を偲ぶ会」が行われ、参加者誰もが尊敬し慕っていた広瀬先生にお別れをする会となりました。

そして恒例となっている二次会も、いつものように行われました。この二次会では広瀬先生が集めた高級なお酒を惜しげもなく振舞われるのですが、生前に広瀬先生が八丈島で手に入れたという甕に入った焼酎やバーボンのような味わいの大分県の焼酎をいただきながら、広瀬先生の思い出をはじめ様々な話題を全国各地から集った仲間と深夜まで語らい、元気をもらって帰ってきました。

3月に一緒に食事をしたばかりの高校時代の同級生が46歳にして、この4月から小学校の校長になったとの知らせが届き、先週会った大学の同級生の神経内科医からは2冊目の著書を出版することになったとの話を聞き、鹿児島大学で共に働いた皮膚科医で詩人であるU先生から出版5冊目となる詩集が送られてきたりと、かつての仲間から多くの刺激を受ける1ヶ月でした。

お蔭様で当院は5月24日で開院10周年を迎えます。スタッフ一同、初心に立ち返って皆様に最良の医療が提供できますよう、より一層の精進をしてゆこうと思っています。

平成23年4月30日 院長 大竹直樹

 

「院長の部屋」目次を見る