海岸通り皮ふ科のイチオシ

院長の部屋

院外活動報告

フォトギャラリー

院長関連記事&医院掲載記事

あの日のワンショット

皆様の声

スタッフ募集

皮膚科Q&A

健康サポート

海岸通り皮ふ科

〒443-0013
蒲郡市大塚町山ノ沢7-5
電話:0533-58-0121
Fax:0533-59-6121

診療科

皮ふ科・形成外科・アレルギー科

診療時間

午前 9:00〜12:00
午後 3:30〜6:30
※土曜日は午前9:00〜午後1:00

休診日

水曜・日曜・祝日・土曜午後

 

詳しい地図を見る

 

院長の部屋

院長の部屋(86) 「人生の金メダル」

3月にはいり少し暖かくなってまいりました。地元蒲郡の小中学校では2月下旬からインフルエンザで学級閉鎖があり、まだまだ体調管理には十分気をつけないといけません。もう少しで桜も咲き、新学期が始まります。学生さんも社会人の皆さんも心新たに新しい年度を迎えたいものですね。

さて、様々な感動を与えてくれたソチオリンピックが終わりました。期待通りだった選手、期待にそえなかった選手、期待以上の結果を残せた選手、本当にご苦労様でした。4年に一度だけに、そのプレッシャーたるや想像以上のものがあるとは思いますが、その中でメダルに輝いた選手は実力と精神力と運のすべてがかね備わっていたのでしょう。フィギュアスケート男子の羽生君は今回のオリンピックでその全てを持ち合わせていたのだと思います。そして真央ちゃんや沙羅ちゃんは精神力が足りなかったか、運の神様が振り向いてくれなかったのか。とうことで、今回はソチオリンピックの中で私が感じたことを書き綴ってみたいと思います。

まずは「レジェンド葛西」。ジャンプの葛西選手については様々な報道で皆さんもご存知の通りと思います。努力しながらも不運に見舞われながら苦難の道を歩んできた葛西選手の姿は、多くの日本人、特に同じ年頃の中年世代を元気付けてくれました。後進を指導しながらも自分も金メダル目指す40代。身内の不幸も背負いながらも目標を目指して頑張り続けるその姿は誰もが感動したに違いありません。同じ40代の私も(あと3ヶ月で50歳になりますが)葛西選手を見て、体力は次第に衰えてもその衰えを最小限にとどめる努力と経験、技術そして精神力の強さがあれば過酷なスポーツの世界でもトップを争える分野があることを目の当たりにしました。銀メダルだった葛西選手のレジェンドは、4年後の金メダルへの序章であり、これからが本当のレジェンドなのかもしれません。感動を与えてくれた葛西選手に人生の金メダルを贈りたいと思います。

金メダル候補だった浅田真央ちゃん。深夜のためライブで演技を見ることなく、朝起きてショートプログラム16位と知った時、あの想像を超えた結果に、残念というよりも真央ちゃんが可哀そうという気持ちがこみ上げてきました。そして自己ベストを出した翌日のフリー演技。フリーが終わった時に流した真央ちゃんの涙に、多くの人々がもらい泣きしたと思います。実は私もポロポロ・・。よくぞたった一日で気持ちを立て直して最高の演技ができたものです。結果は総合6位でも、真央ちゃんほど注目を浴びた選手も少ないのではないでしょうか。本当に愛されキャラですよね。そして真央ちゃんが偉いのは他選手を非難しないこと、言い訳をしないとこと、おごりたかぶらないところなどなど。そんな真央ちゃんなのに、神様はちょっと意地悪だったな〜。現役を続けるかどうか今後の動向は「ハーフ、ハーフ」とのことですが、今回のオリンピックでの結果は必ずや真央ちゃんの人生にとって大きな大きなプラスになることでしょう。まだ若いので人生の金メダルはお預けとしますが、真央ちゃんならきっといつの日か人生の金メダルを授与されるだろうと思います。

世界レベルで戦うスポーツアスリートの血のにじむ日々の努力と過酷な競争に比べたら、私たちの生活や仕事の中での努力や競争なんてまだまだ甘いのかもしれません。それでも自分の強みや専門分野で、人々に感動を与えられるようなレベルを目指してゆくことって、とても素敵なことではないでしょうか。海岸通り皮ふ科も多くの患者さんに感動していただけるような医院を目指してこれからも日々進歩してゆきたいと思います。

平成26年3月3日 院長

「院長の部屋」目次を見る